秋冬インナーダウンonニットがおすすめ!

ちょっと肌寒くなってきて、毎年悩むのが「アウター問題」。コートやジャケットは単価が高いのでたくさん揃えようとすると高いし、クローゼットは圧迫するし……かといって1~2着で乗り切ろうとするとコーディネートがワンパターンになってしまうとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そんな方々にお勧めしたいのが「インナーダウンベスト」です。インナーダウンといば、最近ではコートの下に着ている人を多く見かけます。しかし、今回私が提案したいのは、ニットの下に忍ばせる「インナーダウンonニット」です。ニットの上ではなく、下にダウンベストを着ます。その際、ダウンベストはノーカラーのもの、ニットはタートルネックなどの首が詰まっているオーバーサイズめのものを選ぶとベスト。
このように着ると、バレずにインナーダウンで防寒することができるのです。ヒートテック、インナーダウン、厚手ニットの重ね着で真冬以外は乗り切れます。
私はこの方法を思いついてから、アウターに左右されるワンパターンなコーディネートから卒業し、身軽で快適に過ごせる時期が多くなりました。更に寒くなってアウターが必要になった場合は、インナーダウンonニットの上にアウターを着るのがおすすめです。
コートの下にインナーダウンするとチラ見えしてしまうのがちょっと気になる……という方も意外と多かったのでは?スマートに防寒したい大人女性におすすめする「インナーダウンonニット」、ぜひお試しください。

ぽっちゃり女性の重ね着アイテム

ぽっちゃり体型の女性の中には、重ね着イコール着膨れと考え、重ね着を避けてしまう方もいるはず。しかし重ね着は、上手にやればむしろ体型を隠すコーディネートにもなるのです。今回は、ぽっちゃり女性にオススメの秋冬重ね着アイテムをご紹介します。

そのアイテムとはずばり、ダークカラーのセミロング丈カーディガンです。カーディガンは秋冬の重ね着アイテムとして鉄板的なファッションですが、セミロング丈というのがポイントになります。
普通の丈のカーディガンだと、下半身のラインを隠すことができず、着膨れの原因にもなってしまいますが、セミロング丈のカーディガンなら気になる太ももやお尻のラインもカバーすることができるため、着やせして見えやすいんです。
また、カラーはダークカラーがオススメ。ダークカラーの中でも、ダークブラウンやグレーがイチオシ。ダークブラウンやグレーはナチュラルな雰囲気やカジュアルな雰囲気、大人な雰囲気を醸し出してくれるカラーですし、どんなコーディネートにも合わせやすいのがポイントです。
同じダークカラーでもブラックはかっちりしすぎるため、逆に合わせるのが難しい色になっています。今年の秋冬はダークカラーのセミロング丈カーディガンで、ナチュラルな着やせを目指しましょう。

タック&ギャザーアイテムを活用!

大人女性が似合う秋冬のタック&ギャザーアイテムは、スカート選びも重要になります。綺麗なカラーを選ぶと、ギャザーが入ることでフンワリとした女性らしいラインになります。
特に腰回りなど脂肪がつきやすい部分で、ギャザー入りのスカートを着用すると、ウエスト部分はスッキリとしまり、下半身が柔らかな印象になるので大人の女性らしい雰囲気になります。

ギャザー入りのスカートを綺麗に着こなすには、ブラウスなどスッキリした服装を取り入れてコーディネートを楽しむことができます。明るいブラウン系の色を取り入れ、上はシンプルな白いカットソーやシャツなど着用すると、上下対照的な服装になり、体型カバーすることもできます。
ギャザー入りのスカートは、濃いめのグリーンもシックな印象になりますし、様々なカラーをチャレンジしてみるのもよいです。秋冬はシックな装いになりがちですが、タック&ギャザーアイテムを取り入れることで、大人の女性として好印象になります。ちょっと可愛らしい雰囲気にしたい時には、ギャザーが入ったスカートを何着か持っていると、色々組み合わせるのも楽しいですし、ウエスト部分はリボンなどついているとワンポイントになります。

ちょっと羽織る秋の重ね着コーデ

秋は洋服の調整が難しい時期ですが、ちょっと工夫することでオシャレ度がワンランク上になります。
40代50代になると落ち着いたシックなカラーを好んで着るようになりますが、そうすると顔の印象が暗くなるので年齢よりも老けてみえることがあります。あか抜けする秋の重ね着コーデのテクニックを理解しておくと、ファッションを自然と楽しむことができます。
洋服がダーク系でしたら首に巻くスカーフはちょっと明るめにしてみるのもよいです。黄色やオレンジなど、健康的なカラーなので顔の印象がパッと明るくなります。そして、羽織るのに便利なカーディガンも丈の長さを何種類か持っていると、洋服と組み合わせるのが楽しくなります。
ロングカーディガンはお尻もすっぽり隠れますが、メリハリがないのでかえって体が大きく見えることがあります。ベルトを使ったり、スカーフを取り入れることで印象が大きく変化するので、カーディガンを羽織る際には小物使いも行うことが重要です。
ピアスやイヤリングなども顔の印象が変化するので取り入れてみるとよいです。大きめのピアスをすることで目線が顔部分に集まり、体のラインがだいぶスッキリ見えるので、ちょっとした工夫は重要です。

40代50代女性の細見えするチュニック選び

体型カバーできる服として使い勝手が良いチュニックですが、お腹もおしり周りもすっぽり隠れるというメリットが、逆に裏目に出てしまうことがあります。
体を包み込んでいる分、ぴったりと体にフィットしてしまうチュニックだとお腹のお肉やウエスト周りも動きによってくっきり体のラインが分かってしまうことがあるからです。

特に40代50代はバストからお尻までがずん胴になっていることが多いので、隠したい、楽に着たいというチュニックのメリットを活かすなら、ふんわり感の出る素材のものを選びましょう。
夏は麻や木綿素材のものが良いですし、できるだけお尻全部が隠れてしまわない丈の長さのチュニックを選びましょう。そのほうが下にパンツを穿く時もシルエットが綺麗です。
お尻がすっぽり隠れるくらい長いものはワンピースとして着用するのが好ましいので、スパッツを穿くとバランスよく着れるでしょう。また、秋や冬にチュニックコーデをするならベロア生地のものは避けたほうが良いでしょう。高級感を感じられる生地ですが、摩擦でぴったりと体にくっつきやすいですし、もし着るのであればくっつかない素材のインナーとセットで着るのがおすすめです。
また、太め体型の人であれば、柄物チュニックは大きめの柄のものを選ぶと、視線がそこに集中するので良いです。

モノトーン着痩せチュニック

白と黒のカラーを取り入れた、モノトーンがぽっちゃり女性のスタイルをカバーしてくれます。黒のチュニックワンピースは膝上を選ぶことで重たくなりすぎません。上に白の同じ丈のケープを重ねれば白と黒の色がかわいく決まるチュニックコーデになります。

白色のケープは袖がないものを選ぶことがコツ。腕から黒いトップスの袖を見せることで色のメリハリで決めて、軽やかに見せることができますよ。タイツは黒を選ぶと、太めの脚も引き締まって見えますよ。

反対に、白いチュニックワンピースには黒のケープを重ねて、シックにまとめてみましょう。黒いチュニックの場合は、袖がある方がスリムに見える効果が高くなります。黒いベレー帽を被り、頭の上までかわいくまとめるのもいいですね。

白いレース調の半袖ティアードチュニックに黒のスリムパンツをコーデすれば、モノトーンカラー軽やかコーデを楽しめますよ。足元は黒の厚底サンダルで脚長に。あえてバックは赤かショッキングピンクの小さめバッグを持ってみれば、引き締め効果もプラスできますよ。

黒いレースチュニックには白のスリムパンツをコーデして、ブルーかグリーンのバックを持ってみれば、うまく引き締め効果をプラス。シックでクールに決まりますよ。

秋ボトムス活用でお腹スッキリ

ポッコリお腹でお悩みのレディース通販サイトを利用する40代50代女性はとても多く、なるべくカバーしたいけど、コーディネートが難しいので困っているというケースも沢山あります。
まず、ポッコリお腹のみをカバーするのではなく、ヒップラインや腰周りなども含めて、ボディラインを綺麗に見せることを意識したファッションを取り入れることがポイントです。
体型が年齢を重ねるごとに垂みがでたり、脂肪がつきやすくなるので、どうしてもポッコリお腹が目立つようになります。タイトなファッションを選ぶと、余計にポッコリお腹を強調することになるので、ゆとりあるボトムスを選ぶことも重要になります。
意識をちょっと変えるだけで、ファッションセンスもだいぶ変化するので、40代50代女性は体型を生かすファッションを取り入れることで、だいぶスッキリとした雰囲気になります。
秋ボトムスは、サラサラの生地でソフトな肌さわりのものは体にフィット感もなく、ポッコリお腹を綺麗に隠すことができます。裾が広がったボトムスは、体型カバーになるから、取り入れてみると良いです。
また、ウエスト部分の締め付けがあるとお腹も苦しくなるので、お腹周りもゆとりがあるボトムスをチョイスすることが大切です。

カラーコーデを意識することも大切

ぽっちゃり体型の人は、どうしても黒を意識しちゃうんですよね。ですが、黒というのは多用すると全体を大きく見せてしまい、かえって太って見えることがあるのです。こんなときには、他の色との組み合わせが大切です。たとえば、アウターには黒やグレーといったシックなカラーは使わず、赤や紫といった鮮やかなものを取り入れてみましょう。そして、中に着るインナーには黒やグレーまたはネイビーといったものを選ぶといいでしょう。

そして、アウターのカラーばかりを気にしていると、他のアイテムとのバランスも大切です。鮮やかなカラーを取り入れたアウターを身につけるときには、腕時計や靴には白やパステルカラーといった軽やかなカラーを取り入れましょう。

なぜかというと、他のアイテムに明るい目立つカラーを取り入れると、アウターが目立たなくなってしまいます。アウターを目立たせることにより、ぽっちゃり体型を隠すことができるのです。

ぽっちゃり体型の場合、隠そうとしてついつい地味なカラーを選択する場合がありますが、あえて隠そうとしない方が体型をカバーできるということもあるのです。

寒暖差の激しい秋には、鮮やかなコートを羽織って、外出してみるのがいいでしょう。

秋コーデに便利なアイテムはコレ

暑い夏が終わり終わると、おしゃれに取り入れるアイテムに幅が出てきます。そのために色々なコーデを楽しみたいおしゃれさんにとっては、秋は楽しみな季節です。

さて、秋のコーデで欠かせないアイテムが、ちょっと肌寒い時に羽織れるアウターです。日中は汗ばむような気温だったのに、日が落ちると肌寒いなんてことがある秋は、外出する時にはコンパクトになるアウターを持ち歩くと便利です。

カジュアルな着こなしにも、ちょっと気取った着こなしにも合わせやすいのが、Vネックラインのカーディガンです。カーディガンはジャケットと違い、たたむと小さくなるので荷物にならないのが大きなメリットです。
そして、40代や50代の女性がカーディガンを選ぶときのポイントが、ゆったり目のサイズを選ぶことです。20代や30代の頃に比べて体のラインが変化してきているので、ぴったり系のカーディガンよりも、ふんわりと体型をカバーしてくれ腰を隠してくれる長さのあるカーディガンがおすすめです。
色はブラック、ネイビー、ベージュなどの合わせやすいものを選べば、頭を悩ますことなくコーデできるはずです。またVネックなので、胸元の演出で自分らしさを主張するとよりおしゃれ度がアップします。

楽しめるサロペットコーデ

薄着の季節になると気になるのは贅肉です。やはり女子にとって薄着の季節は、どうにかして着痩せできるコーデはないかなぁと考える方も多くなります。
サロペットコーデは、上下つながっているオールインワンなので、トップスからボトムまでつながっているから、お腹周りやお尻など気にすることなくカッコよくきこなることができます。
特にサロペットコーデは、シンプルなデザインのものが多く、下に着用するブラウスやインナーを一工夫することで、雰囲気が大きく変化します。
フリルがついたシャツやレース柄のインナーを着ることで、女性らしい雰囲気になるので、色々と楽しむ幅が広がっていきます。
また、小物使いをちょっと工夫することで、着痩せ効果もバッチリです。ぽっちゃり女子はどうしてもお腹周りやヒップラインを気にする傾向にありますが、スカーフやストールを巻くだけで首元にインパクトを起き、下半身はスッキリすることができます。
足元もワンポイントになるので、靴下をレース柄にするなど、ちらっと見える足元のオシャレも工夫することで、スッキリとした女性らしい雰囲気へと変化することができます。
バッグなど取り入れると、またレディースファッション通販の服は大人っぽい雰囲気のサロペットコーデになるので、楽しみ方が幅広くなります。